40代アラフォー婚活ブログ<ガチ婚活レポート1>こんな男性がいたら要注意!

恋愛

【連載|40代ガチ婚活レポート】

<40歳バツイチ独身・こじらせから漸く復活>婚活市場をなめまくり、数々のデートで漸く前旦那を断ち切った。
1年ぶりのデートはちょい悪おやじ|ガチ婚活レポート1

驚きびっくりの離婚劇を繰り広げ、怒涛のスピリチュアル、占い、から旦那依存へと急転下から2年(離婚手続きまで1年なのでトータル3年)結婚どころか恋愛市場にも復活出来ず、男性心理の分析ばかりに走っていた「こじらせアラフォー」。40歳で多数のアプリを駆使し、見事婚活の戦場に舞い戻ってきました(!)ここでは、出会った男性のことや、実際にやったこと、リアルに感じたことをくまなくお伝えします。
バツイチを超えても、自分の求めるパートナーに出会えるのか、真剣に婚活をお考えの方に、少しでも参考になれば幸いです

<ガチ婚活レポート1>:こんな男性がいたら要注意!

私が、再婚したい!とおもうまでの理由

はじめまして、こんな人もいるのか!というのは世界を見渡せばいくらでもいるというもの。

さて、そんなわたし、は30代前半で社内恋愛の後、結婚。
婚姻届け提出翌日、旦那は海外で起業するといって海外単身渡航へ。
都内でひとり生活し、2年後、旦那の住む国へ移住。
わたし、は海外嫌いでもないけれど、駐在奥様のようなお気楽な(おっと失礼!)海外移住と異なり、自身の身上不安につけ、コミュ障の前旦那のパーソナリティ生涯に挟まれて、自らも半ば鬱に。。紆余曲折を繰り返し、離婚。

もう結婚なんてこりごり!というよりも、いろいろあったけれど、大好きだった旦那さんを忘れられず、再婚どころか、恋愛もできない状態。
しかし、時は金なり、ということで「こじらせ」つつも、男性分析から活動をスタートさせていきます。

ある日のこと、アラフォー女子先輩が「OK Cupid」を使って医師とデートをスタートさせたと近況を語っていました。

え?「Ok Cupid」・・・??
アプリで出会いを求めることにアレルギーもある女性もたくさんいるとおもいますが、わたし、もまさにその一人(でした(過去形)。
のっけから、外来系(アメリカ発)を即ダウンロード。

使い始めて、1週間くらい経過すると、画面も見慣れてきて、、、、
そもそもこのアプリ、日本人が少ないのか、日本人男性を見つけるとおもわず、「いいね!」としちゃったのです。
(ちなみに、男性側にきくと、日本女性がアップされる数はさらに少ないらしく、東南アジアの女性ばかり、なんだとか。。。)
スポンサーリンク


さてさて、いいね!してしまったのが、44才、タツヤさん(偽名)

バツイチ、子有。(妻子はアメリカ残留)
大阪出身。某有名商社マン卒。
ロサンゼルスに数年仕事で移住、離婚し、脱サラベンチャー社長。

いまにしておもえば、直感でMeet up!っていうことで終了!すれば良いんだけれど、
この当時は、傷だらけ状態で男性不信はもちろん、超絶こじらせ状態(!)

2週間のメッセージやり取りから、2か月経過したあたりで都内某所の心地よい店で会うことに。。

しかし会う当日、どうしても会いたくなくて(というか、アプリの男性、しかも好きでもないのに!!!)断りの電話を入れたのでした。

が!

そこは包容力あるアラフォー男性!うまく、緊張をほぐされ、結果、現場到着。
とはいえ、こじらせ女史のわたし、はすんなりお店に入れず、外の電柱の影からタツヤさんと思われる人をチェック!(笑)

コワい!自分!!(笑)

様子を伺ってから入店と、ものすごいカロリー消費をしたのでした。
スポンサーリンク


02
周囲の客と談笑し、ペロリと酒の肴をつまむ、しぐさの余裕がバツイチ男性?

初めて会う、どこの馬の骨だか、なんだか(といったら失敬!)男性とのお店選びは本当にその人のセンスが丸出しです。
当時のわたし、はこじらせ女史のくせに、なにか仕切りたがり女史(気が強い)の自分を抑えきれず、お店を自ら選定。

いまにして思えば、男性にやらせとけば、いいじゃないか、と突っ込みたくなるところ。
(しかし、これは後の評価高)

カウンターテーブル好き、なわたしは、(カウンターテーブルだと、ある程度接近できるけれど、顔を正面から見なくて安心)
長年使いこまれてきたその油の沁みた艶のあるカウンターに座りつつ、そのとき「しまったな。。。」とそう思ったのです。

客席の距離感が狭すぎる・・・・・・
し、しまった。。。。。

タツヤさんは、優に180㎝はあろうか、というアメリカ人のような体格の男性。
混み合う店内でもひと際目立つ雰囲気。

あっ!

そのとき、隣の女性がワイングラスを倒してしまったのです。

タツヤさんは大阪弁で隣の女性を気遣いながら、おしぼりでさっと拭いてあげながら、なにやら笑いをとっていました。

うまい!

お酒の席で、周囲の空気を和ませる人は、人たらしなのか。。と冷静に分析しつつ。。。
男性は女性の顔立ちや、身なりなんかをチェックしているとおもいますけど、女性は冷静に分析してますよね?

酔いも適度にまわりつつ、そろそろ、とその時、

なぁ、2件目は良いバーがあるからそこにしよか
スポンサーリンク


03
ゲイバーで自己承認欲求を満たす男

ワイングラス倒れる騒動から、家族の話、意外な共通点(仕事の取引先が同じだった)もわかり、少しづつ距離を縮められてきたかんじ。
2件目は、某所にあるゲイバー。

扉を開けると小さな店構えの店舗では、すでに数客がそれぞれの世界観を堪能中、というこれまた新しい空気一新。

既に馴染みの店なのか、タツヤさんはカウンター越しにいる若いイケメンバーテンダーに1本●万するワインを開けさせ、会話はゆるーく、夜の話に。

いまにして思えば、人それぞれですが、これはないでしょ、のコース選び。

加えて、酔いもまわり本能む出しになったタツヤさんは、恐ろしい自己承認欲求を満たす行動に入っていくのです。

そう、それは、

俺はいい男かチェック!!

話を聞けば、なんと仕事の後に毎日飲み歩いているんだそう。
四六時中、社長業とベンチャーという風にやられ、また離婚も重なって疲弊しているからこそ、飲みは欠かせない。

毎晩こうして、飲み歩いては、最後はゲイバーの若い男性たちに「女と寝たいか?それとも俺と寝たいか?」とチェック。

あぁ~、残念。

こうして、OKCupidで初めて直接会った男性とのMeet Upは終了しました。
スポンサーリンク



【ガチ婚Vo.1メモ】
・初回の店選びは慎重に
・男性のコミュニケーション能力をみよ
・どこで満たすの?男の自己承認欲求?
・バツイチ男性のバツがついた理由探し

⇒後日談

ゲイの友人にこの話をしたところ、「あるある!!!」と言われました。
ストレートの男が、ゲイのお店に来て、自己承認欲求を満たすのは本当に手に負えないし、たちが悪いわ。
よほど、足りてないのね、とのこと。

そんなわたし、も、後日、寂しい時に思わずタツヤさんに連絡をしたところ、即恋人モードに持っていかれようとしてシャットアウト。
あんた、何をやっているんだ、と思う方もいるでしょうが、アプリ市場でアラフォーは男女ともに経験値も癖も強いのです。

ガチ婚活レポート2へつづく
スポンサーリンク


コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

恋愛
S男B型を追わせるテクニック究極のテクニックはソシオパスから学べ!魔性テクニックの伝授

気になるあの意中の彼が超ドS級の男!でもとっても魅力的!!なんとかしてその意中の男性を虜にしたいです …

恋愛
S男性が気になる?特徴から対応は?危ない!あなたを搾取するサイコパスの可能性も!体験者談

気になるあの意中の彼が超ドS級の男!でもとっても魅力的!ということですよね。でもその中にははまるとヤ …

恋愛
40代アラフォー婚活ブログ<ガチ婚活レポート2>親と同居同世帯男性付き合える?

【連載|40代ガチ婚活レポート】 40歳からの本気婚活:親と同居・同世帯男性と付き合える? 前回の「 …